1.ドメイン名について
  1-1ドメイン名とは?
  1-2ドメイン名の種類
  1-3属性型JPドメイン名
  1-4汎用JPドメイン名
2.ドメイン名登録申請について
  2-1ドメイン名取得について
  2-2ドメイン名を決めるときは
  2-3ビジネスパックでドメイン名を取得するときは
ドメイン名登録お申込みの前に
ドメイン名に関する参考URL
ドメイン名についての簡単ガイド
1.ドメイン名について
  1-1ドメイン名とは?
  ドメイン名はインターネット上の「住所」であり、インターネットで相手を識別する名前です。 ホームページをみたり、電子メールを送ったりするためには、郵便で手紙を送るのに住所が必要なのと同じように、相手がインターネット上の「どこ」にいるのか?を表示する必要があります。
 
  ドメイン名は「インターネット上での住所」としてメールの宛先、ホームページの場所を示す役割を担っており、同じ住所が2つ存在しては困るためドメイン名は世界にひとつしかない住所なのです。
 
ドメイン名の特徴・・・・・「example.co.jp」「example.com」など
  ・英文字とハイフンで表される。
・大文字、小文字の区別はない。
・IPアドレスに比べ、人間にとってわかりやすい。
(インターネットで相手を識別する名前、ニックネームのようなもの)
・ドメイン名はピリオド「.」でいくつかに区切られており、その区切られた単位が「くくり」となっています。
    例として、「www.example.co.jp」を挙げるとこのような「くくり」になっています。
 
  ドメイン名の一番右のくくりが一番大きなくくりで、大きなくくりから次第に小さなくくりへ絞り込まれています。

  1-2ドメイン名の種類
  世界にはさまざまなドメイン名の種類が存在します。
  ・gTLD(generic TLD)一般トップレベルドメイン
  「.com」「.net」「.org」等をさすことが多く、「.com」は一番多く使われているトップレベルドメインです。全世界から組織の制限なく登録が可能です。
  ・ccTLD(country code TLD)国別トップレベルドメイン
  「.us」アメリカ合衆国、「.uk」イギリス、「.de」ドイツ、「.cn」中国、「.fr」フランス、「.jp」日本、「.hk」香港、「.cc」ココス諸島、「.fm」ミクロネシア、「.tv」ツバル等。「○○.jp」、「.jp」等のJPドメイン名はこれに含まれます。
  ドメイン名はTLD(トップレベルドメイン)ごとに管理されており、登録方針、登録窓口はTLDごとに異なります。
  当社7-dj.comで登録申請ができるドメイン名は後ろに「.JP」がつくJPドメイン名のみ登録申請が可能です。「.JP」ドメイン名は、「属性型・地域型JPドメイン名」と「汎用JPドメイン名」があります。それぞれのドメイン名の特徴を説明します。

  1-3 属性型JPドメイン名
  おもに企業、学校、団体など向けのドメイン名です。
 
  申請する組織の属性(種類)
 
COドメイン名 株式会社、有限会社等
ORドメイン名 財団法人、社団法人等
NEドメイン名 ネットワークサービス
ACドメイン名 大学、専門学校、学校法人等
EDドメイン名 小学校、中学校、高等学校等
GOドメイン名 政府機関、特殊法人等
GRドメイン名 任意団体
ADドメイン名 JPNIC会員ネットワーク等
  (例)株式会社 ○○○会社の場合 ○○○.CO.JP
   財団法人 ○○○団体の場合 ○○○.OR.JP などです。
  ドメイン名の登録について
  ・1組織1ドメイン名(ドメイン名は組織単位で登録承認されるためです)
  ・同一属性で、登録済みのドメイン名に含まれている組織ラベルは使えません。(属性が異なれば使えます)原則として、ドメイン名は先願順の受付けを行っているためです。
  ・属性(種類)ごとに登録要件があり、組織の証明書類等の提出を求められることがあります。
  ・国内に住所があることが必要です。
  地域型JPドメイン名
  登録組織の地域によって分かれ、おもに地方公共団体、個人向けのドメイン名です。

  1-4汎用JPドメイン名
  汎用JPドメイン名は以下の特徴をもつ新しいドメイン名のことを指します。
 
(1) “名前”.jpという短いドメイン名。
(2) いくつでも登録可能。
(3) 日本語を使ってドメイン名が登録可能。(※「日本語ドメイン名について」を参照)
(4) 日本国内に住所があればだれでも登録可能。
(5) ドメイン名の移転(登録名義の変更)が可能。
 
  属性型JPドメイン名は「組織でないと登録が難しい」とか「1組織に対して1ドメインしか認めない」というように登録条件が厳しかったのですが、規制の緩和された「汎用JPドメイン名」の誕生により、日本語でのドメイン名登録を含め、自由な発想で取得することが出来るようになりました。
 
本社で○○○.CO.JPを使用していたが、△△支店独自のドメイン名を持ちたい。サークルやクラブのホームページにドメイン名を使いたい。商品名をアピールするドメイン名を持ちたい。
など、アイディアを活かした独自ドメイン名を登録することができます。
  汎用JPドメイン名では“日本語.JP”という日本語ドメイン名を取得することが可能です。 現在は使用することができなくても、会社の商号や、商品名などのドメイン名を登録申請し、将来使用できるときのためにとっておくことも可能です。 この場合、別途「汎用JPドメイン名登録申請サービス」をご利用ください。