1999.12.1更新

「デイジーの世紀末シネマエッセイ16

あおもり映画祭実行委員会 代表幹事 川嶋大史
           (デイジーかわしまっち)

川嶋大史

 雪はぁ降る、あなたは来ない。雪はぁ降る、雪国だからぁ。
恋の街・函館(札幌じゃないのか!?)にようこそ。いよいよ恋する世紀末も佳境に入って来ました。北の街を愛し、映画に恋し、出逢いと別れの人間交差点が切ない涙を誘う(ホントかよ)「'99函館港イルミナシオン映画祭」が近づいて来ました。「函館山ロープウェイ映画祭」から数えて6回目。4回目となるシナリオ大賞も今年から「青函」圏に拡大。大きな話題を振りまき、遂に12月3日に開幕する。しかも、美しい函館の街がクリスマスファンタジー一色に染まる師走に、全国から若き才能たちが集う映画の祭典なのです。

今年は青森市と函館市が「青函ツインシティ提携」を結んで10周年の記念するべき年。「あおもり映画祭」「函館港イルミナシオン映画祭」も提携が本格化した年。11月11日には記念式典が函館国際ホテルで開催され、両映画祭が表彰されました。青森・函館双方共に数多くの日本映画のロケ地や舞台になり、現在も多くの映画人が行き来する「北の映画の街」なのです。

今年のラインナップは、辻仁成監督の「千年旅人」、篠原哲雄監督の「はつ恋」などの新作・話題作の他、「居酒屋兆治」「海峡」などの青函ゆかりの映画も特集します。2000年6月開催の「第9回あおもり映画祭」のラインナップはまだこれからですが、青函交流がいろんな出逢いの場を作り続け、アットホームな暖かさと刺激的な出逢いの場を創出します。この両映画祭を鑑賞できるパックツアーも格安値段で便利と大好評です。ぜひ皆さん、映画を楽しみ、ゲストと交流し、街を歩いてナンパされましょう(違うって)。函館の街で会いましょう。一足早く、函館でメリークリスマス!