7-dj.com 7-dj.com
line
いますぐ入会 サービス案内 技術情報 故障・障害情報 お問い合わせ
line
line
サイトマップ

 セキュリティ被害に遭わないために 

パソコンの普及に伴って、インターネットの世界はますます身近になりました。しかし、インターネットユーザの増加にともに、パソコンのウィルス感染、不正アクセス、詐欺まがいの請求書メールによる被害なども増加しています。このような事態を招かないためにもセキュリティ対策を普段から心がけておきましょう。
 ウイルス感染を予防する
インターネットの普及とともに、ウイルス感染報告が急増しています。メールによる感染が主ですが、システムのセキュリティホールから感染することもあります。ひとごととは思わずに普段からウイルス情報に関心を持ち、最新のウイルス対策を随時行うことが大切です。
【ウイルス対策情報】
IPAセキュリティセンター(初心者向け/ウイルス対策スクール)
JCSA(日本コンピュータセキュリティ協会)
【ウイルス情報】
エフセキュア株式会社
トレンドマイクロ株式会社
株式会社シマンテック
マカフィー株式会社
 定期的に Microsoft Update を実行する
システムのセキュリティ上の欠陥をセキュリティホールと呼びます。セキュリティホールがあるパソコンを利用しつづけると悪意のあるユーザに不正アクセスされてしまう危険性があり、最近ではセキュリティホールを利用して感染するウイルスも増えています。セキュリティホールの情報をこまめに収集し、情報があった場合は早急に対策のための修正プログラムをインストール(Microsoft Updateを実行)しましょう。
Microsoft Update の実行方法
 セキュリティソフトを利用する
ウイルス感染、不正アクセスなどの脅威に対して自分自身で対策を行うことが難しい場合は、市販のセキュリティソフトを利用する方法もあります。
【代表的なセキュリティソフトメーカー】
エフセキュア株式会社
トレンドマイクロ株式会社
株式会社シマンテック
マカフィー株式会社

※セキュリティソフトをインストールしただけでは、最新のウイルスなどからパソコンを守ることはできません。定期的なパターンファイルのアップデートを必ず実行してください。
 パスワードを保護する
インターネットを利用する上でパスワードは大変重要な情報となります。パスワードが他人に悪用されると思わぬトラブルの原因となる可能性があります。
パスワードは他人に知られないように管理し、また定期的に変更しましょう。
パスワードの保護について
 個人情報を保護する
オンラインショッピングやオークションサイトでのトラブル(個人情報の漏洩、商品が届かない、身に覚えのない請求書が送られてくる、など)が増えてきています。 このようなトラブルに遭わないためにも、信頼の置けないサイトでは個人情報を送信しない、暗号化の仕組み(SSL)をもつサイトを利用する、ということを心がけておくことが重要です。
個人情報を送信する際の注意事項
 常時接続時のセキュリティを確保する
ADSLなど高速回線(ブロードバンド)の普及により、常時接続が一般的になってきました。常時接続の環境は「便利」ではありますが、反面、不正侵入やウイルス感染などの「セキュリティ被害を受ける危険性が高くなる」ということも事実です。常時接続を利用する上でセキュリティの確保は非常に重要です。特に利用しないときにはインターネット接続を切断する、セキュリティ対策用のソフトウェアを使用するなどの対策を実行しましょう。
常時接続時の注意事項
TOPへ↑

line