新山権現神楽の歴史
 
   新山権現神楽は,大正5年の1916年,今から93年前に六ヶ所村で誕生しました。1916年ごろといえば,陸奥宗光さんが治外法権をなくすようにイギリスにたのんだり,小村寿太郎さんが関税自主権を認めさせたりしたころです。 
   新山権現保存会は,昭和60年(1985)1月2日,新納屋(しんなや)獅子舞を保存し,受けついでいくことを目的として結成されました。
 同年12月21日,「六ヶ所村無形文化財」に指定されました。無形文化財に指定されたのは,舞の種類がたくさんあることと,親から子どもへきちんと受けつがれているからこそだと思います。 
     六ヶ所村の神楽のトップへ  もどる  トップヘ