文へスキップ

株式会社ビルダーストーリーは○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社で          黒石市立中郷小学校

学校経営の重点目標

サ学校経営の重点                         
  @ 豊かでたくましい心の育成 ※心、情
   ア 道徳科を要として、教育活動全体を通じて道徳教育に取り組むとともに、全教職員    が協力し合いながら道徳教育の充実に努める。
 イ 主体的な集会活動や異年齢集団活動を活性化することにより、自尊感情・自己有用    感の育成や規範意識の醸成に努める。
   ウ あおぎり運動の推進や、学校花壇等教育環境の整備による情操の育成に努める。
   エ 社会体験活動やボランティア活動を通して、将来の生き方について考えさせ、夢や    希望を実現していこうとする態度の育成を図る。
   オ 家庭や地域の協力を得ながら、基本的な生活習慣の定着を図る。

  A 確かな学力を保障する授業づくり ※学
   ア 問題解決的な学習や体験的な学習等を通して、「わかる喜び」や「できる喜び」を    体得させ、主体的に学ぶ力の育成に努める。
  イ 一人一人の学習状況を的確に把握し、少人数指導やTT、補充指導など、個に応じ    たきめ細かな指導により、基礎的・基本的内容の確実な定着を図る。
   ウ 生徒指導の三機能(自己存在感、共感的な人間関係、自己決定の場)を生かした授    業づくりに努める。
 エ 授業における言語活動を充実させるとともに、日常の教育活動の中で発表機会を設    定することにより、考える力や伝え合う力の育成に努める。
 オ 家庭における学習習慣の定着、充実に努める。

  B 健やかな体の育成 ※体
 ア 教科体育や日常生活での遊び、業間運動等、活動の場の設定により、進んで運動に    親しむ態度の育成と体力の向上を図る。
   イ 安全指導の徹底により、自らの生命を守る態度と危機回避能力の育成に努める。
   ウ 教職員一人一人の危機管理能力の向上と校内外の安全管理の徹底に努める。
   エ 家庭や地域との連携・協力により、望ましい生活習慣と食習慣の定着に努める。

  C 特別支援教育の充実 ※心、学、体、情
 ア 「個別の指導計画」や「教育支援計画」を作成し、情報を共有することにより、全    教職員による指導支援体制の構築に努める。
 イ 各計画に基づき、家庭や関係機関と連携をすることにより、子どもの教育的ニーズ    に応じた支援に努める。
 ウ 通常学級のユニバーサルデザインの学級経営と授業づくりに向けた積極的な支援に    努める。
   エ 中核校として、教育相談活動の充実と指導法についての積極的な情報の発信に努め    る。

  D 地域に開かれた学校づくり ※心、学、体、情
 ア 学校・学級だより等各種通信やホームページ等で積極的に情報発信をし、説明責任    を果たすとともに、家庭や地域との信頼関係の構築に努める。
   イ 積極的に地域の教育資源(人・もの・こと)の活用を図るとともに、小小及び幼保    小中の連携を推進し、教育活動の充実に努める。
 ウ 学校評議員制度や学校評価を活用し、PDCAサイクルによる教育活動の改善・充    実に努める。
 エ 地域の行事や活動への参加を奨励することにより、ふるさとを愛する心を育てる。

  E 教職員の資質向上と経営参加 ※心、学、体、情
 ア 教職員全員が携わる学校運営組織を整え、互いに使命感や専門性を啓発し合いなが    ら、組織的・協働的に校務を推進する。
   イ プラスワンの発想を大切にし、改善・充実に向けた具体策の提案に努める。
   ウ 教育公務員としてのモラルの徹底とモラールの向上、教職員間の情報の共有化、「報    告・連絡・相談」の徹底に努める。
   エ 授業力や指導力を高める校内研修や現職教育を充実させ、得た知見を日々の教育活    動の中で子どもに還元していく。

(3)今年度の重点施策                          @ 心、情
   ア あおぎり運動の推進 ☆
    ※「時を守り 場を清め 礼を正す」(by森 信三先生)
時間の厳守、整理整頓、清掃、挨拶、時と場所に応じた服装、言葉遣い etc
   イ 地域の教育資源を活用した教育活動の展開(☆)

  A 学
   ア 基礎的・基本的な内容の確実な定着と主体的に学ぶ力の育成
      くろいし型授業スタイル、TT、少人数指導、一部教科担任制、学年またはブロ     ック毎の授業交換
   イ 家庭における学習習慣の育成 ☆

  B 体 
   ア あすなろっ子元気アップチャレンジ事業への参加
   イ 自らの生命を守る態度と危機回避能力の育成
  ※「平成30・31年度子どもの健康づくり体制支援事業」実践研究校

  C その他
   ア 「3分前行動」の実施
   イ 「報告・連絡・相談」の徹底
   ウ 教室や特別教室、職員室机上の整理整頓

ービス/製品一覧


1 豊かでたくましい心の育成 ※心、情
  ア 道徳科を要として、教育活動全体を通じて道徳教育に取り組むとともに、全教職員が協力し合いながら道徳教育   の充実に努める。
  イ 主体的な集会活動や異年齢集団活動を活性化することにより、自尊感情・自己有用感の育成や規範意識の醸成に   努める。
  ウ あおぎり運動の推進や、学校花壇等教育環境の整備による情操の育成に努める。
  エ 社会体験活動やボランティア活動を通して、将来の生き方について考えさせ、夢や希望を実現していこうとする   態度の育成を図る。
  オ 家庭や地域の協力を得ながら、基本的な生活習慣の定着を図る。

2 確かな学力を保障する授業づくり ※学
  ア 問題解決的な学習や体験的な学習等を通して、「わかる喜び」や「できる喜び」を体得させ、主体的に学ぶ力の   育成に努める。
  イ 一人一人の学習状況を的確に把握し、少人数指導やTT、補充指導など、個に応じたきめ細かな指導により、基   礎的・基本的内容の確実な定着を図る。
  ウ 生徒指導の三機能(自己存在感、共感的な人間関係、自己決定の場)を生かした授業づくりに努める。
  エ 授業における言語活動を充実させるとともに、日常の教育活動の中で発表機会を設定することにより、考える力   や伝え合う力の育成に努める。
  オ 家庭における学習習慣の定着、充実に努める。

3 健やかな体の育成 ※体
  ア 教科体育や日常生活での遊び、業間運動等、活動の場の設定により、進んで運動に親しむ態度の育成と体力の向   上を図る。
  イ 安全指導の徹底により、自らの生命を守る態度と危機回避能力の育成に努める。
  ウ 教職員一人一人の危機管理能力の向上と校内外の安全管理の徹底に努める。
  エ 家庭や地域との連携・協力により、望ましい生活習慣と食習慣の定着に努める。

4 特別支援教育の充実 ※心、学、体、情
  ア 「個別の指導計画」や「教育支援計画」を作成し、情報を共有することにより、全教職員による指導支援体制の   構築に努める。
  イ 各計画に基づき、家庭や関係機関と連携をすることにより、子どもの教育的ニーズに応じた支援に努める。
  ウ 通常学級のユニバーサルデザインの学級経営と授業づくりに向けた積極的な支援に努める。
  エ 中核校として、教育相談活動の充実と指導法についての積極的な情報の発信に努める。

5 地域に開かれた学校づくり ※心、学、体、情
  ア 学校・学級だより等各種通信やホームページ等で積極的に情報発信をし、説明責任を果たすとともに、家庭や地   域との信頼関係の構築に努める。
  イ 積極的に地域の教育資源(人・もの・こと)の活用を図るとともに、小小及び幼保小中の連携を推進し、教育活   動の充実に努める。
  ウ 学校評議員制度や学校評価を活用し、PDCAサイクルによる教育活動の改善・充実に努める。
  エ 地域の行事や活動への参加を奨励することにより、ふるさとを愛する心を育てる。

6 教職員の資質向上と経営参加 ※心、学、体、情
  ア 教職員全員が携わる学校運営組織を整え、互いに使命感や専門性を啓発し合いながら、組織的・協働的に校務を   推進する。
  イ プラスワンの発想を大切にし、改善・充実に向けた具体策の提案に努める。
  ウ 教育公務員としてのモラルの徹底とモラールの向上、教職員間の情報の共有化、「報告・連絡・相談」の徹底に   努める。
  エ 授業力や指導力を高める校内研修や現職教育を充実させ、得た知見を日々の教育活動の中で子どもに還元してい   く。

●今年度の重点施策
1 心、情
   ア あおぎり運動の推進 ☆
    ※「時を守り 場を清め 礼を正す」(by森 信三先生)
     時間の厳守、整理整頓、清掃、挨拶、時と場所に応じた服装、言葉遣い etc
   イ 地域の教育資源を活用した教育活動の展開(☆)

2 学
   ア 基礎的・基本的な内容の確実な定着と主体的に学ぶ力の育成
      くろいし型授業スタイル、TT、少人数指導、一部教科担任制、学年またはブロック毎の授業交換
   イ 家庭における学習習慣の育成 ☆

3 体
   ア あすなろっ子元気アップチャレンジ事業への参加
   イ 自らの生命を守る態度と危機回避能力の育成
  ※「平成30・31年度子どもの健康づくり体制支援事業」実践研究校

4 その他
   ア 「3分前行動」の実施
   イ 「報告・連絡・相談」の徹底
   ウ 教室や特別教室、職員室机上の整理整頓